『市販シャンプーとサロン専売品シャンプーの違い』ヘンケルジャパン代表のQ&A

30年以上ビューティーに携わってきた知識と経験をもとに、皆様からのお悩みや質問、改善提案などについて、金井社長個人の考えを皆様にお伝えします。今回のテーマは「市販のヘアケア製品とヘアサロンの専売品との違いについて」です。

市販シャンプーは市販薬、サロン専売品は調剤薬

美容師さんは髪のプロフェッショナルです。毎日お客様の髪の状態をチェックし、なりたい自分になる為のお手伝いやアドバイス、もしくは貴女を変身させてくれる魔法使いのような美容師さんがいらっしゃいます。シュワルツコフやサイオスのサロン専売品は美容師さんという髪のプロフェッショナル、エキスパートの方々が個々の髪の状態や悩みを理解し、それぞれに合った製品を使用することが基本です。その為、もし、髪の状態に合わない製品を使用すると状態が悪くなることもあります。つまり、市販のヘアケア製品とサロン専売品はドラッグストアで販売されている市販薬と、お医者さんが選ぶ調剤薬のような違いがあります。ビオロジーはサロン専用製品で使用している原材料とテクノロジーを活用しつつ、より多くの方に自宅で簡単にきれいな髪を作るお手伝いが出来ることを目標として開発された商品です。

医師も教師も美容師もみな“師”という専門職

シュワルツコフ製品は「自宅でもサロンのような仕上がり」というコンセプトの商品ですので、美容室に行く時間がない!でも髪のキレイはあきらめたくない!と思っている方にはぜひお試しいただきたいと思います。しかし、あなたの髪の悩みが簡単に解決できない状態であれば、信頼できる美容師さんにアドバイスを頂き、貴女のその時点での問題を解決するのにベストな商品を選んでいただくことがいいと思います。美容師さんの最後の文字は“師”であり、医師や教師と同じく、皆さんに正しい知識をもとにアドバイスをしたり、施術を行う専門職ですので、本当にいい美容師さんと出会うことは、人生において重要なことの一つだと思います。

 

 

 

ヘンケルジャパン代表 金井博之

<金井社長よりコメント>

こちらでは皆さんから寄せられたお悩みや質問、改善提供に関して私個人が考えていることを少しでもお伝えできればと思っています。商品の詳細な情報や成分に関してはヘンケル社の研究開発や担当者、ご協力いただいているヘアスタイリストさんやメイクアップアーティストさんといった専門家の方々が答えてくださると思うので、代表としての個人的な考えを中心に書かせていただきます。