梅雨の髪もかわいく♡松本莉緒流ヘアケア&ライフスタイル、大公開!

松本莉緒さんに学ぶ、季節のヘアケアレッスン vol.1 梅雨編

「どんな季節でも、どんなシーンでも、美しい髪でいたい」。これは、すべての女性にとっての永遠の願いです。そこで今回は、シュワルツコフブランドのアンバサダーであり、ヨガインストラクターの松本莉緒さんによる「季節のヘアケアレッスン」を開講。季節に応じたヘアケアや髪のトラブルの対処法、ヘルシーに過ごすためのライフスタイルやヨガポーズなどを教えていただきます。第1回目は、広がりやうねり、パサつきなど、梅雨の髪のお悩みについて、松本さんにお答えいただきました。

―梅雨の髪悩みを解決するために行っていることはありますか?

シャンプー前の予洗いで頭皮をケア

梅雨の時期はもちろん、季節問わず行っていることなのですが、シャンプーをする前の予洗いの段階で、シャワーで頭皮をよく洗うことを心掛けています。ぬるま湯でしっかり頭皮を洗ってから、シャンプーを行うといいですね。

シャンプーで頭皮をマッサージ、トリートメントは毛先に押し込む

また、血流が滞ると頭皮の汚れも詰まりやすくなります。日々のヘアケアで大切なのは、身体の血行を良くして頭皮の汚れをしっかり落とすことだと思っているので、シャンプーは頭皮を丁寧にマッサージするように洗い、トリートメントは両手を使って毛先を包み込み、丁寧に押し込むように馴染ませています。そうすると、広がりやうねり、パサつきなど、梅雨の髪悩みの解決にもつながります。

髪の広がりにはヘアミルクを

(ビオロジー リペア ヘアトリートメント ブースター)

 

私はもともと髪が柔らかくて細いので、梅雨の季節は、頭頂部は髪がペタッとするのに、毛先はボワッと広がってしまいがち。ですので、通常のシャンプー&トリートメントのあとは、ドライヤーで髪を8割くらい乾かして、ミルキータイプの「ビオロジー リペア ヘアトリートメントブースター」を使っています。

オイルではなく、ミルクを選ぶ理由は?

雨の日は湿度が高いので、濡れている髪にオイルをつけると、オイルが髪に浸透していくときに髪が重く感じてしまうんです。湿度とオイルで、髪が「重い×重い」というバランスになってしまうので、私の髪質には合わない気がして…。梅雨の時期にはヘアオイルを使うのではなく、ヘアミルクを髪につけてしっとりさせてから、最後の仕上げとしてドライヤーでブローをしています。

「頭皮を乾かすこと」を意識したヘアドライ

髪を乾かすときは、まずはしっかりとタオルドライをします。次に、ドライヤーを使いますが、毛先から熱風をかけてしまうと髪がどんどん乾燥してしまい、広がりやパサつきの原因にも。ドライヤーは、「頭皮を乾かす」ことに重点を置いて使うようにしています。

―外出した先で起こってしまった梅雨の髪トラブルの対処方法は?

外出にはヘアミストをお供に

ビオロジー オイルグロウ ミスト

 

外出するときは、「ビオロジー オイルグロウ ミスト」を持っていきます。

自宅でヘアケアをして出かけても、移動している間に髪が広がったり膨らんだりしてしまうこと、ありますよね。そんなとき「ビオロジー オイルグロウ ミスト」を使うと、髪に艶が出て、広がりも抑えられるので、とても便利です。

最近は、ヘアオイルでセットするような、ナチュラルなスタイルが流行っていますよね。「ビオロジー オイルグロウ ミスト」は、オイルインなのに軽い仕上がりなので、とても使いやすいんですよ。サイズもコンパクトで、カバンやポーチに入れてブラシと一緒に持ち歩いています。

―梅雨におすすめの、「ビオロジー」アイテムは?

女性らしい香りの「ビオロジー リペアライン」がお気に入り

ビオロジー リペアライン

「ビオロジー」を使い始めてもう2年くらいたちますが、シャンプーとコンディショナーから洗い流さないトリートメントまで、ライン使いをしています。

どのアイテムもすべてお気に入りなのですが、香りが良くておすすめなのは「ビオロジー リペアライン」です。梅雨の季節に乱れがちなホルモンバランスを整えたり、気分を上げたりすると言われている作用のあるローズゼラニウムを使っていて、女性にぴったりの素敵な香りです。ぜひデート前に使って欲しいですね(笑)。

―梅雨を快適に・ヘルシーに過ごすために気をつけていることは?

梅雨はホルモンバランスが乱れがちに

女性の場合、気圧が低くなる梅雨の季節は、心と身体のバランスを整えるのが難しいですよね。この時期は、ホルモンバランスが乱れたり、呼吸が浅くなるため、頭痛やストレスを感じやすくなります。ですので、ジメジメした気候から気分が落ちてしまっても、リフレッシュやリラックスを心掛けて、気分を立て直していくための工夫をしています。

深い呼吸を意識して、自律神経を整える

梅雨の時期は特に、意識的に呼吸を深くしてみてください。すると、自律神経が整えられ、自然に元気になっていきます。呼吸のリズムが乱れたまま生活をしていると、疲れが取れず、肌の調子も悪くなるなど、悪循環に陥ってしまいがち。気持ちをリフレッシュするためにも、深い呼吸を意識するといいですね。

マッサージや香り、余裕のあるスケジュールでリラックス

夜のリラックスタイムには、アロマオイルを使って首元や首回りのリンパを流したり、こめかみを両手でマッサージしています。また、質の高い睡眠のためにも、寝室の香りにこだわっていますね。また、時間に余裕を持たせたスケジュールを組んで、心身ともに負担をかけ過ぎないことが重要だと思います。

松本莉緒さん直伝! 梅雨におすすめの簡単ヨガポーズ

リストラクティブヨガ「スプタバタコナアーサナ」

ボルスター(クッション)を使った「スプタバタコナアーサナ」のポーズは、内臓を温めたり、身体の中の機能を整えてくれます。深い呼吸をしながら、リラックスして行いましょう。また、下半身をベルトで固定してあげることで足がずれたりせず、安定したポーズがキープできます。ベルトがない場合は、クッションやタオルなどを腰の下に当てて横たわるだけでも、身体がほぐれます。

生活習慣のすべてが表れる髪は、「自分自身そのもの」

心が満たされるような贅沢な時間を作ってあげることは、心のためにも身体のためにも、そして、髪のためにもつながると思います。

髪には、自分の生活習慣のすべてが表れます。「髪は、自分自身そのもの」と言っても、言い過ぎではありません。美しい髪を目指すことは、ライフスタイルそのものを美しくすること。髪をきっかけに、毎日の過ごし方を見直してみませんか?