うるツヤ髪は美人の条件♡松本莉緒流秋冬の保湿ケアで乾燥知らずの美髪を作る!

松本莉緒さんに学ぶ、季節のヘアケアレッスン vol.3 乾燥対策編

ビオロジーアンバサダーであり、ヨガインストラクターの松本莉緒さんによる「季節のヘアケアレッスン」。第3回目は、ゴワゴワやパサつき、乾燥など、秋冬の髪のお悩みについて、松本さんにお答えいただきました。冬のあったかライフスタイルや、オイルを使った保湿ケア、身体の中から温まるヨガポーズなど、松本さんのキレイの秘密も大公開中です!

≫松本莉緒さんに学ぶ「季節のヘアケアレッスン vol.1 梅雨編」はこちら

≫松本莉緒さんに学ぶ「季節のヘアケアレッスン vol.2 紫外線ダメージ編」はこちら

―髪の乾燥ダメージを防ぐために行っていることはありますか?

頭皮の血行を良くして、乾燥を予防

秋冬になると、「抜け毛が増えたような気がする…」と感じたことはありませんか? それは、季節の変わり目によってヘアサイクルが乱れているサインかもしれません。だからこそ、頭皮の血行を良くすることが重要です。また、頭皮の血の巡りが良くなると、髪に栄養も行き渡りやすくなり、髪の乾燥予防にもつながります。

シャワーの予洗いで頭皮の汚れをしっかりと落としたあと、血行を良くするために頭皮をマッサージしながらシャンプーをするのがおすすめです。

湯船に浸かる時間も有効活用、トリートメントの時間は長めに

(ビオロジー オイルグロウ シャンプー)

頭皮のマッサージをしながら、3種類の天然由来オイル配合の「ビオロジー オイルグロウ シャンプー」でシャンプーをします。そして、乾燥してパサつきの気になる部分を中心に「ビオロジー オイルグロウ マスク」をなじませて、そのまま湯船に浸かって、トリートメントの時間を長めに取っています。

 

(ビオロジー オイルグロウ マスク)

寒いと長めに入浴したくなるので、温まっている間に髪の補修ができるのは、ラクチンなケア方法でうれしいですよね(笑)。

ドライヤーでの乾燥予防はオイルで

(ビオロジー オイルセラム)

ドライヤー時には、オイルタイプの洗い流さないトリートメント「ビオロジー オイルセラム」を。髪にしっかりと入れ込んでいくイメージで「ビオロジー オイルセラム」を塗布すれば、髪表面がコートされて、熱や乾燥から髪を守ってくれます。ただし、ドライヤー前の塗れた髪に塗布すると乾きにくくなってしまうので、7-8割くらい乾いた髪がおすすめです。

髪の摩擦ダメージ、寝るときの注意点は?

(ビオロジー オイルグロウ セラム)

枕の擦れなどの摩擦は髪が傷む原因にもなるので、少し緩めの三つ編みにしたり、軽くゴムで束ねたり、枕の上方向や横に髪を流したりなど、なるべく摩擦が起こらないようにして寝ています。

乾燥がひどいときには、「ビオロジー オイルグロウ セラム」を塗ってからベッドに入っています。朝起きると、髪のなめらかな指どおりにうれしくなりますよ(笑)。

髪の静電気に悩むときはミストを

(ビオロジー オイルグロウ ミスト)

髪の静電気が気になるときには、ミストタイプの洗い流さないトリートメント「ビオロジー オイルグロウ ミスト」を使っています。

夜しっかりヘアケアをしてから寝たのに、朝起きたら少し広がってしまったというときにも、「ビオロジー オイルグロウ ミスト」をシュシュッと吹きかけてブローをすると、キレイにまとまります。日中に髪が乾燥してしまったときや、髪型を直したいときにもおすすめです。

―秋冬におすすめの、「ビオロジー」アイテムは?

まとまりとツヤを実感「ビオロジー オイルグロウシリーズ」がおすすめ

(ビオロジー オイルグロウシリーズ)

「ビオロジー」は、髪の状態だけでなく、季節や環境に合わせて使うラインが選べることも魅力です。特に、秋冬の乾燥する時期は、まとまりとツヤが実感できる「ビオロジー オイルグロウシリーズ」がおすすめ。

これから「ビオロジー」を使われる方は、まずはシャンプーとコンディショナーをセットで試して、使い心地を実感してみてください。そのあと、ミストやオイルなどをシリーズで取り入れると、髪がどんどんキレイになって、髪が喜んでいるのが手に取るようにわかると思いますよ!

―秋冬を快適に・ヘルシーに過ごすために気をつけていることは?

秋冬は身体を中から温めて

秋冬の季節は、身体をしっかり温めることを大切にしています。

この時期は、身体を内側から温めるために、あったかいお料理やスープをいただいています。温めた甘酒やお味噌汁などの発酵食品もとってもいいですね。食事は、髪や肌、身体の健康すべてに影響するので、季節を問わずいいものを取り入れるようにしています。

ヘアケアからスキンケアまで、オイルまみれでたっぷり保湿

保湿をしっかり行うことも、特に秋冬の時期にはこだわっています。

化粧水をつける前に肌にオイルを塗ったり、髪にもたっぷりオイルを使ったり、身体も必ずオイルでマッサージをしてから寝ます。お風呂にもオイルを入れますね。もう“オイルまみれ”という感じです(笑)。オイルで保湿すると、髪も肌も身体も乾燥知らずで、頻繁にサロンに行く必要がないくらいですね。

巡りを意識して、固まった身体をほぐす

秋冬は、マフラーをしたり、重いコート着たり、外出時の防寒で肩が凝りやすくなります。また、寒いと身体にも力が入りますよね。秋冬は身体が固まった状態で過ごしているようなものなので、肩周りをほぐしてあげたり、身体をマッサージしてあげたりして、血や気の巡りを良くすることを意識するといいですね。

松本莉緒さん直伝!秋冬におすすめの簡単ヨガポーズ

「ウッティタハスタパータングシュタアーサナ」

身体と意識に刺激を与え、筋肉を目覚めさせる「ウッティタハスタパータングシュタアーサナ」です。短い時間でも身体の体温が上がり、内側から温かくなります。

美しい髪への近道は、「自分を理解すること」

秋冬の季節に限らず、ヘアケアの方法も、ライフスタイルも、人それぞれ。「自分は今、何が必要なのか、どう在りたいか」を知って、自分への理解を深めながら過ごすことが、美しさへの近道なのかもしれません。「ビオロジー」でのヘアケア法や私のお話が、みなさまの美しい髪とステキなライフスタイルのお役に立てるとうれしいです。