松本莉緒流♡髪の紫外線対策、忘れないで!アウトドアでも負けない夏髪のUVケア

松本莉緒さんに学ぶ、季節のヘアケアレッスン vol.2 紫外線ダメージ編

ビオロジーアンバサダーであり、ヨガインストラクターの松本莉緒さんによる「季節のヘアケアレッスン」。第2回目は、紫外線によるダメージや、汗による頭皮のベタつきが気になる夏髪のお手入れ法について、松本さんに教えていただきました。暑さに負けない夏の過ごし方や、キレイになるヨガポーズのレクチャーも併せてチェックしてみてくださいね。

≫松本莉緒さんに学ぶ「季節のヘアケアレッスン vol.1 梅雨編」はこちら

―紫外線から髪を守るために行っていることはありますか?

紫外線は浴びる前からケアを

仕事柄、この季節はビーチや公園などの屋外でヨガを行うことも多いので、太陽に当たる時間も当然長くなります。髪も肌と同じで日焼けが心配です。そこで、髪の日焼け予防としてUVカットスプレーを使うようにしています。また、ミストタイプの洗い流さないトリートメント「ビオロジー アクア ミスト」を持ち歩いて、乾燥を感じる際にこまめにケアしています。

 

(ビオロジー アクア ミスト)

ダメージを受けたと感じたら、すぐにケア

夏場は、ビーチヨガの前後でサーフィンを楽しむこともあります。太陽の下で過ごすアクティブな時間が増えると、汗をたくさんかくので、頭皮も汚れやすくなります。また、長時間太陽を浴びたあとに海に入ると、髪にさらなるダメージを与えてしまうことも。そんな日は、早い段階でシャンプーをして、頭皮の汚れや海水の塩分など、ダメージの原因をしっかりと洗い流すようにしています。時には、1日に何度もシャンプーをすることもありますよ。

泡シャンプーで頭皮の汚れを落としつつ、髪を摩擦から守る

たくさん汗をかいたときには、「ビオロジー アクア 泡のクレンジングシャンプー」を使っています。

頭皮はきちんと洗いたいけど、何度もシャンプーをすると髪の摩擦が気になりますよね。この「ビオロジー アクア 泡のクレンジングシャンプー」は、泡で出てくるタイプなので、頭皮がすっきり洗えるだけでなく、髪に余計な摩擦を与えないので安心して使えます。

(ビオロジー アクア 泡のクレンジングシャンプー)

泡シャンプーの泡もちは?

泡で出てくるシャンプーで、気になるのは「泡もち」ですよね。洗っている間に泡が消えしまうと、汚れが落ちているのか心配になってしまいます。この「ビオロジー アクア 泡のクレンジングシャンプー」は濃密な泡が持続するので、最後までモコモコの泡のまま洗えます。清涼感もあって、洗いあがりの頭皮はすっきり!とっても気持ちがいいですよ。

「風通し」を意識したヘアドライ

ドライヤーのかけ方も、夏の暑さに合わせて変えています。頭皮の風通しを良くするため、空気を含ませるように手で髪の毛を浮かせて、その中にふわーっと風を通していく感じです。ドライヤーの熱風で集中的に乾かす、というよりは、遠くからドライヤーをあてて、そよ風を髪に送り込む感覚で乾かしていますね。

―紫外線を浴びてしまった夏髪のダメージケア方法は?

集中ケアにはマスクをたっぷりと

集中ケアには、「ビオロジー アクア マスク」を使っています。

(ビオロジー アクア マスク)

太陽に直接当たらなくても、地面からの反射などによって、知らない間に夏の髪は紫外線ダメージを受けています。そんなときは、「ビオロジー アクア マスク」を、毛先を中心に塗布して、タオルを巻いてしばらく置きます。時間はしっかり5分くらい。長めに置いて、しっかり浸透させています。すると、髪が内側からうるおって、毛先まで指どおり良くまとまるんですよ。

 

―夏におすすめの、「ビオロジー」アイテムは?

さらさら指どおりの「ビオロジー アクア ライン」がお気に入り

(ビオロジー アクアライン)

夏におすすめなのは「ビオロジー アクアライン」です。ほど良い清涼感が感じられ、指どおりよくさらさらとした質感に洗い上げます。また、夏に限らずですが、身体の疲れは髪にも出てしまいがちです。「ビオロジー アクアライン」を使えば、サロンに行く時間が取れないときも、しっかりとしたホームケアができるので、髪を美しく保つことができます。身体が疲れていても「髪がキレイだったら頑張れる!」というときもありますからね(笑)。

―夏を快適に・ヘルシーに過ごすために気をつけていることは?

夏こそ湯船に浸かる

夏こそシャワーで済ませず、しっかりお風呂に入って、湯船に浸かります。すると、血行が良くなって睡眠も深くなるので、一晩で疲労回復ができますよ。お風呂に入るのがちょっと大変な時は、深めのバケツなどにお湯を入れて、ふくらはぎまで浸かって足湯をすると10分くらいで身体がぽかぽかしてきます。足湯は、足もすっきりするし、血行も良くなるので、暑い時期こそおすすめします。

風の循環を良くする、冷やしすぎない

夏の時期は、お店やオフィス、電車など、エアコンが効いている場所が多く、身体が冷えてしまうこともありますよね。そんなときは、エアコンの当たらないところに移動したり、エアコンの風の向きに注意して、身体を冷やしすぎないように気をつけています。

自宅では、自然な風を取り入れたいので、柔らかい風の吹く扇風機を置いて、家の中の風の循環が良くなるように環境を整えています。

頭皮スプレーやポイントメイクなど、パーツ使いでクールな感覚を楽しむ

夏のヘアケアには、ミントが入っていて、クーリング効果のあるスプレーを使って頭皮をマッサージしています。また、ミント入りのリップなど、清涼感のあるコスメも取り入れています。唇がスッとするだけでも、涼しく感じますよね。身体のパーツを冷やすと、全身への負担も少ないので、ぜひ試してみてくださいね。

松本莉緒さん直伝! 夏におすすめの簡単ヨガポーズ

「ベビーバシシュタ」

片腕をおろして身体を伸ばすポーズです。首元、脇、足の付け根など、熱が溜まるところを開いて風通しを良くすることで、清々しい気持ちになりますよ。

髪のためにも、「自然体でいること」が大切

毎日のヘアケアやボディケアは大切ですが、絶対にやらなければいけないということはありません。「何かしなきゃ!」というマインドで疲れてしまうなら、時にはお休みすることも必要だと思います。マッサージへ行ってリラックスしたり、あえて何もしない時間を作ったり…。身体のためにも髪のためにも、余白のある時間を持つことがとっても大切だと実感しています。